×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鈴木謙一 SEO

そんなんじゃ売り上げは上がらないよ!

大きな問題、市場が狭くなるということについて、検索回数というボリュームに意味はないと申しましたが、そもそも月に数回しか検索されないキーワードだは、100%の成約率をほこったとしても、少ない売り上げでしか期待ができません。

 

一定以上の検索ニーズも必要だということです。

 

検索回数がふえれば増えるほど、市場ニーズはふえますが、検索ニーズはへります。

 

この市場ニーズと検索ニーズを飽和する、つりあう地点を推定しようというのが、この動画の本題です。とはいえここからは数学の話です。ですから簡単にお話いたします。

 

お商売をしている方やマーケティングをかじられたことがある方なら、ランチェスター理論というものをご存知でしょう。

 

ランチェスターをしらなくても、標準閉鎖、正規分布というのは、ほとんどの方はご存知だとおもいます。

 

入試などで散々つきあった偏差値ですね。これらの公式に検索ニーズと市場ニーズを照らし合わせてつりあう地点、つまりお互いのニーズが50%となる地点を割り出します。

 

SEO 教材