×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鈴木謙一 SEO

伊藤虎太郎が検索キーワードに対して疑問を持つ。

80%の人が検索をして情報がてにはいらないとき、検索キーワードをかえたり、キーワードを追加して複合キーワードとして検索している。

 

つまり、インターネットで商品を購入する際、1回しか検索しないというユーザーはまれということです。

 

1人1回しか検索しないという思い込みが検索ニーズ=市場のニーズという誤解をになっているのでしょう。

 

検索ユーザーは目的のページをみつけるまで何回も何回も検索するのです。

 

ですから検索結果,月間検索回数にあらわれる検索ニーズと市場ニーズは比例しません。どちらかといえば反比例に近い数字になります。

 

アフィリエイトで成果をだしたいなら迷わず月間検索回数の少ないキーワードを水平的に展開かつ多く占拠することです。

 

さてそうしたとき1回の検索で満足しないのなら、検索ユーザーが満足する検索回数は何回なのでしょう。何回目の検索回数から消費行動にうつるのだろう。わたしはこのような疑問を生じました。